意識と記憶の渦の中

光を届けよう

世の中が混とんとして
目の前がうす暗いので
私は光明を探していた

どこかに私を照らしてくれるものはないかと

私は思い出した

ひとが最も輝いて
美しく見えるのは
日の光に照らされた時でも
スポットライトにあたっている時でもなく
内なる光がまばゆいくらいに輝いている時であることを

私は思い出した

私の中にも光が灯っていることを

内なる光を輝かせよう

そして
光を届けたい

皆の光が輝くように
スポンサーサイト

高野山 奥の院 神聖なる空間 その4(完)

5泊滞在した中で6回奥の院へ通った。
最も多くの時間を過ごしたのが灯籠堂の地下法場。

朝6時に行くと、ほとんど地下法場には人の出入りがない。
一人でたっぷりと繊細であり力強い地下法場のエネルギーを全身で受け取る。
何と贅沢な環境。

ぶれることなく
今ここに居続けられる。
今ここに居続けることの重要さを感じさせてくれる場。

そんな中で、普段氣功をしたり瞑想したりしていて気になっていた
右後頭部のこわばりが緩んだ。
第3の目(印堂)のあたりに強烈な光を感じ、頭から首、胸、腹、足まで貫通するように流れた。
それは大きなエネルギーであったが決して荒々しくはなく
透明感のあるやさしいものであった。
段々刺激が右後頭部に集まり
硬くこわばっていたものが緩んでいった。
自然に涙がこぼれた。
感動というよりじわじわ胸の中が温まる感覚を伴い。

毎回地下法場へ訪れるたびに
体感が違う。
それだけ自分が変化してるというか
不安定なのだろう。
1200年君臨してきた大いなるものの前に自分を置くことにより
今の自分を少しだけ体感できたような気がした。

今でも地下法場を思い浮かべると
ありありとあの空間を思い出すことができる。
何かに引き込まれるように通ったためであろうか。

このような体験を積み重ね
様々な種類の氣を感じ
身体の中にしみこませていく。
必要な時に必要なものを使うために。

P1020754_convert_20131113092248_edited.jpg




高野山 奥の院 神聖なる空間 その3

2日目の昼にもう一度参加者全員で奥の院へ行った。

P1020719_convert_20131031143344_edited.jpg


P1020721_convert_20131031144540_edited.jpg


日曜日ということもあるのだろう。
早朝と違って大変混雑していた。
灯籠堂の中も人に溢れ
一か所にじっくりととどまり祈ることが出来なかった。

お遍路さんも多く
人々の大師さまに対する熱気が感じられ
早朝とは違う雰囲気を味わうことができ
それはそれで面白い体感だった。

2日目の夜から5日目の夜までの4日間
2時から4時にかけて目が覚め
それから一睡もできなかった。
眠気が全くなくパッチリと目が覚めてしまう。
一人部屋ではなかったので
本などを読むこともできず
布団に入ってじっとしていた。

その中でも2日目目の明け方は
面白く意味深い体験をした。

左脳が働いていないような状態で
まるで映画を見ているように
私が化学の研究から今の道へ進むきっかけになった
出来事が淡々と映像として流れ出した。

感情は伴わず
ただ昔の無声映画をみているかの如く静かに映像が流れている。

その時はただ漠然と映像を眺めていた。

後からこの映像は
私がこの道を進んでいく
コミットメントの象徴であると思った。

地下法場で受けたエネルギーの影響か
それとも昼間の講義の影響か
おそらくその両方であろうが
高野山の夜は普段とは全く違う
神秘的なものだった。

つづく

高野山 奥の院 神聖なる空間 その2

御廟橋の手前には水向地蔵が観音菩薩や不動明王などが安置されている。

P1020709_convert_20131026111607_edited.jpg

6時になり維那(ゆいな)と呼ばれる僧により御供所より大師に供える食事が運び出される。

P1020710_convert_20131026172007_edited.jpg


嘗試(あじみ)地蔵に味見をして頂いたのち、御廟橋を渡り御廟に向かう。

我々もついていく。

御廟橋を超えると聖域。

36枚の橋板と橋全体を1枚と数え金剛界37尊を表している。

橋を渡る前に礼拝をし板を一歩ずつ歩いて橋の左側を渡る。

聖域においても、しきたりに従う素直な態度が寛容なようである。

P1020717_convert_20131026172400_edited.jpg


聖域に入ると、空気感が変化した。

はっきりとした輪郭を立体的感じ

清涼感がある。

気持ちがいい。

階段を登り

門の前で塗香を塗り灯籠堂に入る。


大きなエネルギーに圧倒される。

1200年の祈りのエネルギーなのか。

裏に回って御廟前に行く。


建物の外にあるせいか

大変清らかな凛とした氣を感じる。

さらに回って地下にある地下法場に降りる。

ここは大師が入定されたといわれている石窟の正面と言われている。

様々なエネルギーに触れてきたせいか

エネルギーあたりなのか

頭の奥がガンガンしてきた。

若干の眩暈もある。

あまり触れたことのないエネルギーであったのか。

しかしながら、嫌な感じはしない。

『いや、ずっとここにいたい』

魅せられてしまった。

つづく

高野山 奥の院 神聖なる空間 その1

高野山に5泊6日の講習会に行ってきた。
別に修行ではなく
エネルギーヒーリングの講習会に。

今回ここで取り上げるのは
講習会の中身ではなく
高野山 特に奥の院の空間に魅せられたことについて紹介したい。

二日目の早朝に仲間たちと奥の院で行われる生身供を見に行くことになり
5時に宿坊を出発した。


IMG_0242_convert_20131024171843_edited.jpg



一度京都の東寺で生身供を見に行ったことがある。
京都の熱心な檀家さん達が朝6時から熱心にお経をあげている姿に感心し
歴史の積み重ねのエネルギーを感じたことを思いだした。


生身供  今でも奥の院の御廟にて禅定をされていると信じられている弘法大使に
6時と10時半にお食事を進上している。1200年続けられている。

満点の星空を見ながら奥の院へ向かう。
一の橋に着いた。

ここは下界から霊界への入口。
大師にご挨拶し中に入る。
古杉の間に無数の墓が参道の左右に並んでいる。

P1020721_convert_20131024171249_edited.jpg


暗闇の中 二の橋に着く。
すぐ先に 汗かき地蔵さん。
ここでお参りする。

階段を上り再び下ると
御廟橋、この先に灯籠堂、そして御廟がある。

P1020711_convert_20131024172713_edited.jpg

ここで朝食(あさげ)が御供所から御廟に運ばれるの待つことにする。

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。