意識と記憶の渦の中

2013年01月の記事

豊かな時間

先日、飛騨高山での五泊六日の研修合宿に行ってきた。

雪深いセミナーセンターでの研修。

静まりかえった森にかこまれた中での研修。

以前、夏にも訪れているのだが、

時間の流れ、

感じるエネルギーの質

受け取れる情報が

驚くほどの違うと実感した。


先生が何故こんな雪深い時期を選んだのかの一端が

この包みこまれるような環境なのかと思う。



朝七時に起床。

朝ごはんは八時。

午前研修。

昼12時半。

午後研修。

夜ごはん六時半。

起きていられず10時半ごろ就寝。


こんな普段ではありえない生活。

本当にゆったりとした時間の流れ。


その中での濃密な研修。


テクニックを覚えるだけではなく、

その背後に流れるエネルギー、情報を

全身で感じ取る。


なんてぜいたくな時間なのだろう。

こういう時間の使い方があることを

この年になって初めて体験した気がする。


このような体験でのみ伝え、受け渡すことのできるものがあるのであろう。


本当に豊かなとき。

豊かな体験。



腰までうまる新雪の中

仲間とトレッキング。

高山 新雪


新雪の感触が気持ちがいい。

あまりの気持ちのよさに

坂道を全力で走りおりた。

からだが軽い。

何かに支えられているかのように軽い。

不思議な感覚。

後ろを振り返ると

仲間たちも

子供のような笑顔で走りおりてくる。

私たちはもしかして

森に歓迎されたのかもしれない。



帰りの高山駅まで道は

下界に降りるルートに感じた。

帰りのスーツ姿の人がほとんどの満員ののぞみ中で

豊かさとはなんだろう

うつらうつらと考えながら帰途についた。




スポンサーサイト

休診のお知らせ

1月12日(土)~1月17日(木)まで研修会参加のため休診いたします。

1月18(金)から診療いたします。

よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。